ベトナムのビーチリゾート「ダナン」への留学を決めた理由!

シン チャオ(こんにちは)!ベトナムダナンへ留学経験のあるMecoです!

「みなさんはベトナムダナンへの留学に興味はありますか?」

いつかは留学してみたいけれど、金銭面や異国の地で上手くやっていけるのかなどの不安を抱えている人も少なくないかと。自分のダナン留学経験を発信していくことで、不安を持つみなさんの力になれたらいいなと考えています。

今回は、「ダナンとはどういった場所なのか?」「なぜ留学先にダナンを選んだのか?」について書いていきたいと思います!

ダナン留学でかかった費用に関しては、以下の記事の記事をご覧ください。

ベトナムダナンへの留学費用を公開!3ヵ月留学でかかった費用!

ベトナムダナンってどんな場所?

ダナンはベトナム中部の海沿いにある都市です。日本との時差は-2時間で、日本からの直行便で約6時間半かかります。

早めに予約すれば直行便でも往復3~4万円で行けてしまうので、とってもおすすめの都市なんです!現在リゾートホテルを沢山建設しているということもあり、1~2年後には数多くのリゾートホテルで溢れると予想できます。

注目のビーチリゾート

リゾートホテルが沢山建設されていることからも分かるように、ダナンは注目のビーチリゾートなんです!

ベトナムの中でも綺麗なビーチが沢山あることで有名で、1番観光客に人気なのが「ミーケビーチ」!

ダナン国際空港から車で約15分とアクセスも抜群なミーケビーチ。

さまざまなアクティビティが楽しめ、ビーチ周辺には飲食店やバーも多く、夜になると昼とは違った雰囲気が楽しめます。

ミーケビーチとは異なり、プライベート感を満喫できるのが「ノンヌックビーチ」!

こちらもダナン国際空港から約30分とアクセス抜群のビーチなのですが、ミーケビーチよりも空いていることが多いので、人混みが苦手という方にはおすすめのビーチです。

ただ、このノンヌックビーチ周辺にもホテルが続々と建設されているので、穴場なのはいまだけかもしれませんね。

ビーチ向かいには写真のような海鮮屋さんが沢山並んでおり、水槽から自分の食べたいものを取って調理を頼むというシステムをとっているお店が多いんです。

ぜひビーチ周辺のお店もチェックしてみてくださいね。

スパ・マッサージの街でもある

アジアと言えばスパのイメージが強いかもしれませんが、ベトナムにもたくさんのスパが存在します。

日本ので本格的なスパを受けようとすると料金は高いですが、ベトナムのスパは本格的でありながら料金もリーズナブルなんです。

スパ選びで迷った際には、トリップアドバイザーなどの口コミサイトを確認してから予約するとはずれを引くことがないので安心だと思います。宿泊しない方でもスパの予約を取ることができるホテルもあるので、気になったスパを見つけた際にはホテルに確認してみるといいかもしれません。

中心部のダナンシティは買い物に最適

ダナンで最も栄えている街と言えば中心部のダナンシティ。お洒落なカフェやお土産ショップが沢山あるので、そういったお店目当てに多くの観光客が訪れます。

特に人気なのは、ドラゴンブリッジと呼ばれている黄色の龍をモチーフにデザインされた世界最大の綱橋です。この橋のなにが凄いかというと、橋でありながらドラゴンの口から水や火を出したりするショーや色鮮やかなライトアップを行う点です。

日本にもレインボーブリッジなどのライトアップを行う橋はありますが、火や水を出す橋なんて聞いたことがありません(笑)おそらく日本にあったら軽く問題になるでしょう(笑)

お土産で人気なのは、チョコレートやアジアンテイストの刺繍が入ったポーチやカバン。また、民族衣装であるAodai(アオザイ)とノンラーという葉笠を身につけ街中を散歩する人も多いです。

ダナンの通貨・物価について

ベトナムの魅力は、なんといっても物価が安いこと。

ベトナムは食べ物・宿泊料・マッサージ・お土産・タクシーなど、全てにおいて物価が安い!例えば、コーラ(330ml)1缶約50円やマッサージ全身60分コースで約3,000円とお財布に優しい。

ベトナムでの最高額の紙幣は500000VND。ぱっとみた感じ50万円という高額な金額に見えますが、実は日本円にして約2,500円。

ベトナムでの1番高いお金が日本円で約2,500円という点からも、どれだけ物価が安いのかが分かるかと思います。

ここで、ベトナムを訪れた際に役立つベトナム・ドンから日本円への換算方法を200000VNDを例にみていきましょう。

まずは、200000VNDから0を二つ取ります。すると、2000VNDとなりますよね。次にこの数字を2で割り1000とします。この1000という数字に円をつければ日本円への換算が終了です。

200000VNDは日本円に換算すると約1,000円ということになります。このように後ろの0を2つ取り2で割ると日本円に換算されるのです。

数字だけ見ると20万円という高額な金額にも見えるベトナム・ドンですが、日本円に換算すると1,000円です!この方法はとても簡単なのでぜひやってみてください。

留学先にダナンを選んだ理由

前置きが少し長くなってしまいましたが、なぜ私が海外へ留学しようと思ったのかというと、将来ゲストハウスを運営するオーナーになりたいと考えているからです。

英語を勉強しながらホテル業も経験できることから、インターンシップ留学という形でダナンへと留学することにしました。その他にも大好きな海があったことやこれから発展していく街並みをみていきたいと思ったことも理由の1つです。

これからますます発展していく国に行き、増えていくトラベラーの手助けや楽しい情報を提供できないかと思いダナンへとやってきたのです。

ダナン留学にこんな人に向いている

以下の3つのうち、どれかに当てはまる人はダナン留学に向いていると思います。

  • 物価の安い国に留学したいと考えている!
  • ビーチリゾートが好き!
  • アジアンフードが好き!

散々お伝えしましたが、ダナンはビーチがイチオシの都市。1年の半分以上が夏で、海はいつでも入り放題なのとアクティビティーも充実しているので、海が大好きな方にはうってつけなんです。

そして、留学を考える上で気になるのがその国の料理が合うかどうか。

ベトナム料理ですとパクチーやナンプラー(魚醤)などが料理で多く使われています。パクチーはベトナム料理の代名詞でもあるのでほとんどの料理に入っていますし、風味付けとしても使われていることが多いです。パクチー嫌いな方は言えば抜いてくれます(笑)

人によっては料理が口に合わないなんて方もいるかもしれませんが、アジアンスーパーなどはちゃんとあるので安心してください。

さいごに

ダナンの人たちは本当に心の暖かい人ばかりで、相手のことを想ったり助け合おうとする気持ちがとても伝わってきます。

また、信仰宗教も仏教なので日本と近いものも感じます。

英語があまり伝わらない場所もありますが、言葉が通じなくてもコミュニケーションを図ろうとみんな積極的に接してくれます。アメリカやイギリス、カナダなどの有名な留学先もいいですが、アジアも視野に入れてみるのもいいかもしれませんよ。

こちらの記事では私が3ヵ月の留学でかかった費用について書いているので、ぜひご覧ください!

ベトナムダナンへの留学費用を公開!3ヵ月留学でかかった費用!

今後もダナンやベトナムについての情報、留学に役立つことなどを発信していきたいと思っています!

タン ビェ〜(さようなら~)!