海外滞在3ヵ月以上なら在留届を提出しよう!オンラインでの提出方法も解説

在留届を提出するメリット

海外で長期滞在するときには、「在留届は必ず提出しなければならないのか?」「在留届の提出方法を知りたい」と気になっていませんか?

結論から言ってしまうと、海外に住居・居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、在留届の提出が旅券法で義務づけられています

今回は、下記のような悩みを解決する記事を用意しました。

  • 在留届とは?
  • 在留届を提出するメリットは?
  • オンライン在留届の提出方法は?

この記事を読めば、在留届の必要性やオンライン在留届の提出方法などが分かります。

注意

在留届は現地到着後でないと提出できず、日本で提出することはできません。

在留届とは?海外滞在3ヵ月以上なら提出必須の届出

在留届は日本大使館や総領事館に外国に居住していることを知らせる届出

在留届とは、滞在先の日本大使館・総領事館に「私は◯◯に長期滞在または永住しています」と伝えるための届出です。

在留届を提出することで、現地の日本大使館・総領事館が滞在していることを把握できるため、大規模な事件・事故・自然災害などが発生したときに、安否確認や支援を迅速に行うことができます

また、在外選挙人名簿登録をする場合などにも在留届が必要です。

海外に住居・居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、旅券法で管轄する在外公館に在留届の提出が義務づけられており、3ヵ月未満の場合には「たびレジ」への登録を推奨しています。

海外渡航で「たびレジ」に登録すべき3つの理由と登録方法を解説 海外渡航で「たびレジ」に登録すべき3つの理由

在留届を提出する3つのメリット

在留届を提出することに、どんなメリットがあるのか気になっている方も多いかと思います。

まずは、在留届を提出することのメリットから確認していきましょう。

  • 滞在国の最新情報を受け取れる
  • 事件・事故に巻き込まれた時に素早い支援を受けられる
  • 日本大使館・総領事館においての手続きがスムーズに行える

海外に住居・居所を定めて3ヵ月以上滞在する場合、在留届の提出が義務づけられていますが、自分の命を守る上でも大切なものとなりますので、しっかり把握しておきましょう。

メリット1:滞在国の最新情報を受け取れる

在留届を提出することで、現地の日本大使館・総領事館から最新情報をメールで受け取ることができます。

〇〇で大規模テロが発生しましたなどの安全情報以外にも、在外選挙のお知らせ、小・中学生向け教科書配布のお知らせなど様々です。

海外に長期滞在していると、独自の情報ルートなどができる場合もありますが、日本大使館・総領事館からの信頼できる情報を受け取れるのはやはり安心です。

メリット2:事件・事故に巻き込まれた時に素早い支援を受けられる

現地で大規模な事件・事故・自然災害などが発生した場合、安否確認のメールや電話などを通して素早い支援を受けられます。

日本政府としては海外在住者の被害状況や連絡先を把握でき、海外在住者は安否を日本政府へ伝えられるため双方にメリットがあります。

新型コロナウイルスが流行し始めた時に、日本政府は海外在住の邦人を待避させるためチャーター機を派遣しましたが、在留届やたびレジから海外在住者と連絡を取ると、帰国を望む声が多かったことからチャーター機の派遣検討を本格化させています。

このことからも、在留届を提出する必要性は高いと言えるでしょう。

メリット3:日本大使館・総領事館においての手続きがスムーズに行える

日本大使館・総領事館の窓口で、パスポートの申請や戸籍・国籍関係の届出、各種証明書の申請、在外選挙人名簿登録などを行う際に、在留届を提出しているかの確認をされます。

在留届を提出していなかった場合、基本的にその場で提出することになるため、あらかじめ提出しておいた方がスムーズに手続きを進められるでしょう。

オンライン在留届なら、ネット環境さえあれば10分ほどで提出できるので、面倒に感じることもないはずです。

オンライン在留届の提出方法

在留届の提出方法は、「在留届電子届出システムサイトで提出(オンライン)」「渡航先の地域を管轄する日本大使館・総領事館に直接提出」の2通りあります。

在留届は書面での提出も可能ですが、届出内容の変更などがあった際も書面で行う必要があるため、ネットで提出したほうが色々と便利です。

下記情報の記入もあるので、事前に用意しておきましょう。

  • パスポート(同居家族分も含む)
  • 本籍地
  • 自宅等連絡先(住所、電話・携帯・FAX、メールアドレス)
  • 同居家族連絡先(携帯、メールアドレス)
  • 日本国内連絡先(住所、電話)
  • 緊急連絡先(住所、電話・FAX・メールアドレス)

なお、在留届の提出は海外での住居または居所を定め、現地到着後でないと提出できません

STEP1:外務省オンライン在留届公式サイトを開く

まずは、外務省オンライン在留届公式サイトを開き、「在留届、変更届・帰国届の提出方法を確認する」をクリック。

「在留届を提出する」をクリック。

登録で必要となる情報が記載されているので用意しましょう。

STEP2:個人情報同意と利用者ID登録

プライバシーポリシーおよび注意書をすべて読み、画面下部の「同意する」をクリック。

利用者ID(メールアドレス)を登録したら、オンライン在留届「ORRnet」の仮登録が完了です。

登録したメールアドレスに、本登録用URLが記載されたメールが届きます。

STEP3:パスワード登録と滞在国・地域の選択

本登録用URLをクリックすると、パスワード登録画面が表示されるので、登録するパスワードを入力し「次へ」をクリック。

滞在または永住している国・地域を選択し、画面下部の「次へ」をクリック。

滞在または永住している地域を管轄する在外公館が表示されるので、スクショやメモをしておきましょう。

STEP4:個人情報の入力・在留届の提出完了

氏名・年齢・生年月日・パスポート番号・職業などの個人情報を入力します。

すべて入力したら「確認」をクリックし、最終確認をすればオンライン在留届の提出が完了となります。

まとめ:海外滞在が3ヵ月以上なら在留届を提出しよう!

今回は、在留届についてやオンライン在留届の提出方法についてご紹介しました。

在留届を提出することで、渡航予定国の最新の安全情報を知ることができたり、素早い支援を受けられるなどのメリットがあります。

海外に住所・居所を定めて3ヵ月以上滞在する方は、在留届の提出が義務づけられていますが、自分の身を守る上でも大切な届出となるため必ず提出しましょう。

海外旅行保険おすすめ5選!安全に滞在するための全知識