ANAの深夜早朝便「ANAギャラクシーフライト」が2019年も運航!

ANAの深夜便「ANAギャラクシーフライト」が2019年も運航します!

大手航空会社であるANAをお得に利用できるということもあり、毎年大人気のフライトなんですよね。

このページでは、ANAギャラクシーフライト2019の情報をまとめています!初めて利用する方に向けて注目ポイントなども書いたので、ぜひ参考にしてみてほしいと思います。

ギャラクシーフライト搭乗記を読みたい方は、以下の記事からご覧いただけます。

ANAギャラクシーフライト搭乗記!お得な深夜早朝便で沖縄旅行!

ANAギャラクシーフライトとは?

ANAギャラクシーフライトとは、ANAが2014年からスタートしている東京(羽田)⇔沖縄(那覇)間の深夜便。

羽田⇔那覇間の深夜貨物便を一般の人も利用できるようにしたのが始まりで、当初は深夜便のニーズ確認のために試験的に運航を行ったそうですが予想以上の反響があったため、毎年特別フライトとして運航するようになったんだとか。

今となってはさまざまな航空会社が深夜早朝便を運航するようになりましたが、ANAはだいぶ前から深夜早朝便を運航していたんですね。

フライトスケジュール

【運航期間】
2019年7月12日(金)~8月31日(土)
 
【運航時間】
・東京(羽田)→沖縄(那覇)
便名:NH999
22:55-25:35
・沖縄(那覇)→東京(羽田)
便名:NH1000
3:35-5:55

ANAギャラクシーフライトの運航期間は毎年7月中旬~8月末までとなっており、2019年は7月12日~8月31日まで1日1往復運航します(運航除外日あり)。

東京発は羽田空港を23時頃に出発し、那覇空港に25時半頃に到着。沖縄発は那覇空港を深夜3時半頃に出発し、羽田空港に早朝6時頃到着します。普段の東京⇔沖縄線ではありえない時間のフライトなので、貴重と言えば貴重なフライト(笑)

ただ、普段のフライトとは違うため注意しなければならないこともいくつか存在します。それに関しては後ほど詳しく解説したいと思います。

注意ポイント

※羽田→那覇線の運航除外日:7/14・7/21・7/28・8/4・8/11・8/18・8/25・8/31。
 
※那覇→羽田線の運航除外日:7/12・7/15・7/22・7/29・8/5・8/12・8/19・8/26。

ANAギャラクシーフライト人気の秘密

普段のフライトとは違い、深夜・早朝という普段とは違うフライト時間でありながら、ギャラクシーフライトが人気なのはなぜでしょうか。

一見全く利用者がいなさそうに思われる深夜・早朝帯のフライトですが、多くの人がわざわざこのフライトを利用する理由は一体どこにあるのでしょうか。

人気の理由を3つあげてみました!

  • 航空券を安く購入できる!
  • 会社帰りでもフライト時間に間に合う!
  • 普段よりも滞在時間が延びる!

上であげたように、「航空券を安く購入できる」「会社帰りでもフライト時間に間に合う」「普段よりも滞在時間が延びる」などのメリットがあることが人気の理由だと思います。

ここからは、1つ1つ解説していきます。

航空券を安く購入できる

搭乗日によって運賃は変わりますが、早期割引運賃を利用して航空券を購入すれば、片道9,000円ほどで沖縄に行けてしまえます。

通常ならば搭乗日が近づくにつれて運賃は高くなっていくと思いますが、深夜便の場合は搭乗日の1~2週間前でも片道1万円ほどで航空券が購入できるなんてこともあるんですよね。

ここで、2019年7月13日(土)の羽田→那覇線の時間帯別運賃をみてみましょう。

ANAスーパーバリュー
06:10-09:0021,310円
06:40-09:2527,610円
07:40-10:3027,610円
08:35-11:2527,610円
09:15-12:10満席
10:35-13:3024,510円
11:30-14:3020,710円
13:00-15:5016,010円
14:40-17:3010,210円
15:25-18:109,210円
17:15-20:0016,010円
20:00-22:4016,010円
22:55-25:35(ギャラクシー)11,610円

この日の最安値運賃は9,210円でした。

残念ながらギャラクシーフライトが最安値運賃ではありませんでしたが、深夜便利用者の多くは那覇空港到着後にホテルなどに宿泊する人はかなり少ないと思うので、ホテル代などが浮くと考えるとかなり安い運賃なのではないでしょうか(朝まで空港内で待機する人が多いです)。

家族連れで旅行をする場合にはホテル代もかなり大きな出費となると思うので、なるべく出費を抑えたいという方は深夜便の利用を検討してみてください。

会社帰りでもフライト時間に間に合う

普段の東京→沖縄線は最終フライトが20時なため、仕事終わりに沖縄行の飛行機に乗るというのはなかなか難しいのではないかと思います。もし、フライト時間に間に合うとしても時間の余裕があまりなく、かなりドタバタしてしまうのではないでしょうか。

深夜便ならばフライト時間が遅いことから、仕事終わりでもある程度時間に余裕を持って空港に向かうことができるかもしれませんし、1度自宅に戻ることも可能かもしれません。

空港までのかかる時間にもよりますが、あまりにもフライト時間ぎりぎり(例えば1時間前とか)に仕事が終わることがあらかじめ分かっているのであれば、万が一のことを考えて予約はしない方がいいかなと思います。

普段よりも滞在時間が延びる

現地での滞在時間が延びることも魅力の1つで、深夜便を利用することにより沖縄に最大26時間滞在することができてしまいます!

沖縄到着後にレンタカーで目的地まで向かってしまえば朝一から目的の場所で楽しむことができますし、朝まで空港内で待機すれば高速バスやゆいレールの始発に乗ることだって可能ですよね。

この滞在時間の長さを利用して、沖縄日帰り旅行なんかもおすすめ!体力的にはかなりきついかもしれませんが、金曜日の仕事終わりに深夜便で羽田空港を出発し、土曜の早朝~日曜の深夜まで1日中沖縄を満喫できちゃいます。

ANAギャラクシーフライトのメリット・デメリット

メリット
  • 航空券を安く購入できる!
  • 会社帰りでもフライト時間に間に合う!
  • 普段よりも滞在時間が延びる!
デメリット
  • 公共交通機関の運行が終了している
  • 体力的に結構きつい

メリットについては「航空券を安く購入できる」「会社帰りでもフライト時間に間に合う」「普段よりも滞在時間が延びる」、デメリットについては「公共交通機関の運行が終了している」「体力的なきつさ」があげられるかなと思います。

メリットは、先ほど述べた人気の理由と同じなのでここでの説明は省きます。1番注目したいのは、デメリットの1つとしてあげられる「公共交通機関の運行が終了している」です。

当たり前なのですが深夜便は那覇空港到着が深夜となるため、公共交通機関は運行はしていません。そのためホテルを予約している場合にはタクシーか徒歩で向かい、公共交通機関を利用したい場合には始発まで空港内で待つ必要があります。

空港到着後に困らないようにするためにも、あらかじめ空港到着後にどうするか決めておくようにしましょう。

ちなみに、那覇空港から徒歩でどこかに向かうのはやめておいた方がいいです。かなり近い場所ならいいと思いますが、那覇空港から1番近い赤嶺駅まででも徒歩で約30分かかります。

日中に那覇空港から車で5分ほどのパイナップルハウスというお土産ショップに向かったことがありますが、重いキャリーバッグを引きながら歩いたので30分ほどかかりかなり疲れました。深夜到着となると人通りも少ないと思うので、なるべくタクシー利用をおすすめします。

パイナップルハウスに関しては、以下の記事をご覧ください。

沖縄でパイナップルの無料食べ放題!!「パイナップルハウス」が半端なかった!

プレミアムクラス販売

ANAギャラクシーフライトでは、通常のフライトと同じくプレミアムクラスも販売されています。

羽田→那覇線、那覇→羽田線どちらでもプレミアムクラスの販売はされるそうですが、通常のプレミアムクラスサービスと一部異なる点があるそうなので注意が必要です。

ANA PREMIUM CHECK-INカウンターANA LOUNGEサービス優先搭乗サービス機内での食事機内での飲物
羽田発沖縄行きプレミアムクラス(NH999)〇*1〇*2〇(夕食)
沖縄発羽田行きプレミアムクラス(NH1000)××*3〇(朝食)

*1:「ANA PREMIUM CHECK-INカウンター」、「ANA SUITE CHECK-INカウンター」は21:00まで利用可。

*2:ANA LOUNGE(本館北)を一部のエリア限定で利用可。ANA LOUNGE(本館南)は21:00まで、ANA SUITE LOUNGEは21:20まで利用可。

*3:ANA SUITE LOUNGEならびにANA LOUNGEはオープンなし。

お得なホテル・レンタカープランも販売

「到着後にホテルに宿泊したい!」「レンタカーを借りたい!」という方のために、宿泊施設やレンタカー会社がギャラクシーフライト利用者限定の特別プランを販売しています。

深夜2時以降にチェックインし、その日の朝にチェックアウトする「スーパーレイトチェックインプラン」を利用することにより、短時間ではありますがホテルで仮眠がとれたり、シャワーを浴びることが可能。

沖縄の全ホテルが対応しているわけではないようですが、こういったプランを販売してくれるのは利用者としてありがたいなと感じますね。

さいごに

大手航空会社であるANAをお得に乗ることができるギャラクシーフライト。

長期休暇などで航空券が比較的高い時期ですが、早期割引運賃を利用することで驚くほど安く航空券を購入することも可能です。

早期割引運賃は予約変更できないというデメリットがあるため、予約変更することがないという方は早めに航空券を予約し、お得に沖縄旅行を楽しんじゃいましょう!

▼関連記事▼

ANAギャラクシーフライト搭乗記!お得な深夜早朝便で沖縄旅行! 沖縄でパイナップルの無料食べ放題!!「パイナップルハウス」が半端なかった! 羽田空港で深夜早朝便を運航している国内線の航空会社6選