エアトリの手数料はいくら?航空券の予約手数料とキャンセル料を解説

これからエアトリの利用を検討している方の中には、「エアトリは手数料が高いの?」「キャンセルした時にも手数料が取られるのかな」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

エアトリは有名人を起用したテレビCMなどを積極的に活用しているため、航空券予約サイトとしての知名度が非常に高いですが、実際にエアトリを利用した方に感想を聞いてみると、手数料が高くて全然お得じゃないという声が非常に多いです。

そこで今回は、下記のような悩みを解決できる記事を用意しました。

  • エアトリで航空券を予約する時にかかる手数料は?
  • 航空券をキャンセルするときにも手数料はかかる?
  • エアトリ以外で手数料の安い航空券予約サイトは?

この記事を読めば、エアトリで航空券を予約する時にかかる手数料を知ることができ、エアトリを利用しても大丈夫か判断することができるようになります。

エアトリではどんな手数料がかかるの?

エアトリではどんな手数料がかかる?

エアトリで航空券を予約したときは、基本的に「取扱手数料」「事務手数料または支払手数料」「振込手数料」3つの手数料がかかります。

  • 国内航空券:取扱手数料+事務手数料+振込手数料
  • 海外航空券:取扱手数料+支払手数料+振込手数料

どちらの航空券も手数料の名称自体は同じですが、金額が大きく異なるため注意が必要です。

それぞれの手数料を順番にみていきましょう。

その①:取扱手数料

取扱手数料とは、航空会社ごとに定められた手数料のことです。

エアトリで1番高額な手数料であり、国内航空券と海外航空券で金額が異なります。

【国内航空券(片道分)】

  • ジェットスター:5,400円
  • Peach:3,740円
  • 春秋航空日本:3,240円
  • 上記以外の航空会社:3,300円

【海外航空券(往復)】

航空会社や路線によって異なり22,000円以内(平均4,000円〜7,000円)

国内航空券は、往復予約するだけで1人約6,000円の手数料が取られることを考えるとかなり高額です。

以前はもう少し良心的な手数料だったのですが、コロナの影響からかいつの間にか値上げしていました。

海外航空券は、航空会社や路線によって手数料が異なり22,000円以内となっており、平均4,000円〜7,000円ほどの手数料が取られていました。

その②:事務手数料または支払手数料

事務手数料・支払手数料とは、支払方法ごとに定められた手数料のことです。

国内航空券の場合は「事務手数料」海外航空券の場合は「支払手数料」が取られます。

【事務手数料】

  • クレジットカード決済:合計料金の5%
  • 銀行振込決済:合計料金の5%
  • コンビニ決済:合計料金の5%
  • PayPay:合計料金の5%
  • Paidy決済:合計料金の8%
  • Amazon Pay:合計料金の8%
  • LINE Pay:合計料金の5%
  • メルペイ:合計料金の8%

【支払手数料】

クレジットカード、金融機関、コンビニ、Pay-easy、Paidy翌月払い(コンビニ/銀行):1,870円

事務手数料は固定ではないため、合計料金が高ければ手数料の負担も大きくなります

例えば、合計料金が24万円でクレジットカード決済を選択した場合、12,000円の事務手数料が発生します。

海外航空券は、事務手数料の代わりに支払手数料が取られることになっており、どの支払方法でも一律1,870円です。

その③:振込手数料

振込手数料とは、エアトリ側に支払う手数料ではなく、金融機関や支払いサービス提供者に支払う手数料のことです。

エアトリでは9種類の支払方法が用意されていますが、振込手数料がかかるのは下記3つです。

銀行振込決済全国で370行の金融機関に対応(ATM・インターネットバンキングにも対応)金融機関により異なる
コンビニ決済セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート約200円〜約300円
Paidy決済(後払い)口座振替:無料
コンビニ:356円
銀行振込:金融機関により異なる

支払方法すべてに振込手数料がかかるわけではないため、クレジットカードやPayPayを選択すれば振込手数料はかかりません。

また、この振込手数料は「事務手数料」「支払手数料」とは別のものになるので注意してください。

エアトリで航空券をキャンセルしたときの手数料

エアトリで航空券をキャンセルした時の手数料

エアトリでキャンセル料が発生するかは、旅行代金の「入金前(無料)」か「入金後(有料)」で変わります。

入金後にキャンセルした場合、下記キャンセル料が発生するため注意してください。

  • 国内航空券(一人一区間):航空会社の取消手数料と払戻手数料+エアトリの取消手続手数料(2,800円)+振込手数料(760円)
  • 海外航空券(一人あたり):航空会社の取消料+エアトリの事務手数料(11,000円)+振込手数料(760円)

一部キャンセル料での例外があり、Peach、ジェットスター、春秋航空、スカイマークの券種「ダッシュいま得」は、支払いが完了した時点でキャンセル料100%となります。

また、航空会社の責(欠航や遅延など)や特別対応で航空会社側に支払うキャンセル料が免除になったとしても、基本的にエアトリ側に支払った手数料は返金されません。

エアトリの手数料についての評判・口コミ

エアトリの手数料についての評判・口コミ

ここからは、エアトリの手数料についての評判・口コミを紹介していきます。

実際にエアトリの手数料について調査してみると、「手数料が高すぎてお得じゃない」「他社サイトのほうが手数料が安かった」など、手数料に関しては悪い評判・口コミしか見当たりませんでした。

  1. いろいろと手数料が取られて高い
  2. 他社サイトのほうが手数料が安かった
  3. キャンセルでも手数料が取られる

いくつかピックアップしたので、順番にみていきましょう。

評判①:いろいろと手数料が取られて高い

エアトリの手数料についての口コミで1番多かったのが、いろいろと手数料が取られて高いという声でした。

エアトリで航空券の予約をすると、「取扱手数料」「事務手数料または支払手数料」「振込手数料」3つの手数料がかかります。

また、「航空券+宿泊」「国内ツアー&海外ツアー」は手数料が表示されないため、自分で調べるしかありません。

評判②:他社サイトのほうが手数料が安かった

他社サイトのほうが手数料が安かったという口コミも見受けられました。

エアトリは、有名人を起用したテレビCMなどで航空券予約サイトの中では知名度が非常に高く、他社サイトを調べることなくエアトリを利用してしまう方も多いです。

手数料の安さが人気の「さくらトラベル」と、国内航空券を予約したときの取扱手数料(片道分)を比較してみました。

エアトリさくらトラベル
ジェットスター5,400円2,000円
Peach3,740円2,000円
春秋航空日本3,240円2,000円
上記以外の航空会社3,300円1,000円

上記の表から分かるように、エアトリはさくらトラベルに比べ1,000円〜3,000円ほど取扱手数料が高いです。

往復航空券を予約するとなると、LCC片道分ほど手数料の差が出てくるため、やはり手数料の安い航空券予約サイトを利用するのがおすすめ。

次章で「エアトリ以外のおすすめ航空券予約サイト3選」を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、航空券+宿泊で予約したい方は「JALパックの割引クーポン&キャンペーンまとめ!」の記事もご覧になってみてください。

【9月最新】ジャルパックの割引クーポン&キャンペーンまとめ!

評判③:キャンセルでも手数料が取られる

航空券をキャンセルした際のキャンセル料の高さに不満を抱く声も多く見受けられました。

とくに海外航空券はキャンセル料が高額になるため、エアトリで航空券を予約する際はキャンセル料をしっかり確認するようにしましょう。

また、エアトリでは万一の場合に備えて「チケットガード保険」「旅行キャンセル保険」に加入できますが、全ての場合に保険金が支払われるわけではないため注意してください。

エアトリ以外のおすすめ航空券予約サイト3選

エアトリ以外でおすすめの航空券予約サイト

「エアトリは手数料が高いから他社サービスを使いたい」という方に向けて、エアトリ以外でおすすめの航空券予約サイト3つを紹介します。

  • さくらトラベル|取扱手数料はおそらく業界最安値
  • ソラハピ|業界最安値保証サービスを行っている
  • Surprise(サプライス)|基本的に取扱手数料は無料

ここで紹介する3つのサイトは、航空券予約サイトを利用する上で重要な3つの項目をもとに厳選しました。

    【航空券予約サイトを選ぶ判断項目】

  • 取扱手数料:取扱手数料が高すぎないか
  • 取扱い航空会社:さまざまな航空会社と比較できるか
  • 検索のしやすさ:誰でも簡単に最安値航空券を探せるか

それでは順番にみていきましょう。

さくらトラベル|取扱手数料の安さで人気の国内航空券予約サイト

    【さくらトラベルの特徴】

  • 国内線運航の全13社から最安値航空券を探せる
  • 他社サービスより取扱手数料が安い(おそらく業界最安値)
  • 株主優待割引運賃でも予約できる

『さくらトラベル』は、国内線運航の全13社から最安値航空券を簡単に探すことができる、国内航空券の比較・予約サービスです。

エアトリに比べ知名度は高くありませんが、国内線運航の全13社を取り扱っていたり他社サービスよりも取扱手数料が安いといった特徴があります。

また、株主優待割引運賃での予約もできるため、搭乗日が近い場合や繁忙期(お盆や年末年始)などは、かなりおトクに航空券が手に入ります。

利用者の満足度も高いので、「どの航空券予約サイトを使えばいいか悩む」という方は、さくらトラベルの利用を検討してみると良いでしょう。

取扱手数料1,000〜2,000円
取扱い航空会社国内線運航の全13社
取扱い旅行商品国内航空券のみ
問い合わせ方法メールのみ

ソラハピ|業界最安値保証のある国内航空券予約サイト

    【ソラハピの特徴】

  • 業界最安値保証サービスを行っている
  • 電話での予約&問い合わせに対応
  • 株主優待割引運賃でも予約できる

『ソラハピ』は、業界最安値保証サービスが評判の高い、国内航空券の比較・予約サービスです。

ソラハピにて国内航空券を購入後に、同一の航空券をより安い料金で購入できるウェブサイトをみつけた場合、20,000円を上限として差額を返金してくれます。

さくらトラベルと同じように、株主優待割引運賃での予約も可能なので、搭乗日が近い場合や繁忙期(お盆や年末年始)などは、かなりおトクに航空券が手に入ります。

また、電話での予約&問い合わせにも対応しているため、Web上での予約やメールだけの問い合わせだと不安な方は、ソラハピの利用を検討してみると良いでしょう。

取扱手数料1,500〜3,000円
取扱い航空会社9社
取扱い旅行商品国内航空券のみ
問い合わせ方法電話・メール

Surprise(サプライス)|大手旅行代理店HISが運営する海外航空券予約サイト

    【サプライスの特徴】

  • 基本的に手数料無料で予約できる
  • おトクな割引クーポンが不定期で発行
  • 最大10,000円キャッシュバックされる航空券もあり
  • キャンセルサポート保険に加入できる

『Surprise(サプライス)』は、大手旅行代理店HISを運営している株式会社エイチ・アイ・エスが提供する、海外航空券の比較・予約サービスです。

サプライスでは、「旅の価格に驚きを」というテーマもと、さまざまなコスト削減を行うことで、HISよりも旅行商品を安く提供しています。

たとえば、基本的に取扱手数料が無料で予約できたり、最大10,000円キャッシュバックされる海外航空券が販売されているなどの特徴があります。

HISのような充実したサポートを受けることはできませんが、海外航空券をとにかく安く予約したいのであれば、サプライスの利用を検討してみると良いでしょう。

取扱手数料一部LCCと海外発航空券を除き、取扱手数料は0円
取扱い航空会社人気航空会社はほとんど掲載
取扱い旅行商品海外航空券、海外航空券+ホテル
問い合わせ方法メールのみ

まとめ:エアトリの高額な手数料には注意が必要!

エアトリの高額な手数料には注意が必要

今回は、エアトリの手数料についてご紹介してきました。

最後にもう一度、国内航空券・海外航空券でかかる手数料をまとめます。

  • 国内航空券:取扱手数料+事務手数料+振込手数料
  • 海外航空券:取扱手数料+支払手数料+振込手数料

予約人数や合計料金にもよりますが、基本的に国内航空券のほうが手数料が高くなりがちです。

エアトリは、旅行商品の取り扱いが充実していたり、国内航空券&国内ホテルの予約でエアトリポイントを貯められるなど魅力的な面も持っています。

ただ、高額な手数料のことを考えると正直おすすめできる予約サイトではないため、他社サイトの利用を検討したほうが良いでしょう。

エアトリ全体の評判・口コミやメリット・デメリットなどを知りたい方は、「エアトリの評判・口コミは悪い?【結論:あまり評判が良くないです】」の記事をご覧ください。

エアトリの評判・口コミは悪い?【結論:あまり評判が良くないです】