スカイマークのいま得・たす得とは?年10回以上利用する筆者が徹底解説

これからスカイマークの利用を検討しているけれど、「いま得・たす得運賃の違いはなんだろう」「注意点はあるのかな」と疑問を感じていませんか?

スカイマークを利用する上で重要なのは、いま得・たす得・ダッシュいま得の「予約変更の可否」をしっかり確認しておくことです。

そこを理解した上で予約しないと、高額なキャンセル料に必ず後悔します。

今回は、下記のような悩みを解決できる記事を用意しました。

  • スカイマークのいま得・たす得とは?
  • 他社よりもお得に航空券を購入できるの?
  • いま得・たす得を利用する際の注意点は?

この記事を読めば、スカイマークのいま得・たす得について理解でき、キャンセル料などで損をすることがなくなります。

スカイマークのいま得・たす得とは?

スカイマークのいま得・たす得とは

いま得・たす得は、便ごとの空席予測数に応じて、運賃額が変動する割引運賃です。

予約時の空席数で運賃が変動するのではなく、現時点における便の最終的な混み具合で運賃が変動します。

ゴールデンウィークや年末年始など、あらかじめ混むことが予想される日は高く、搭乗率が低いと予想される日は安く航空券を購入できます。

2つの運賃の大きな違いは、「航空券の購入期限」と「航空券の予約変更の可否」です。

  • いま得:搭乗日3日前まで予約可能。航空券の予約変更ができない
  • たす得:搭乗日前日まで予約可能。航空券の予約変更ができる

いま得は、たす得よりも航空券を安く購入できますが、そのぶん航空券の予約変更ができません。

少しでも予約変更する可能性がある方は、たす得で購入しておくと良いでしょう。

「空席予測数」とは、現時点における便の最終的な混み具合の予測値です。(ご予約時の便の空席状況のことではございません。)
https://www.skymark.co.jp/ja/fare/imatoku.html

いま得:とにかく航空券を安く購入したいひと向け

いま得は、搭乗3日前まで予約でき、航空券の予約変更ができない割引運賃です。

たす得よりも航空券を安く購入できますが、少しでも予約変更する可能性がある方には向いていません。

もしも予約変更する場合、航空券を一度取り消す必要があり、「取消手数料+払戻手数料」がかかります。

※スマホの方は横スクロールできます。

取消手数料(1人1区間)航空券購入後~搭乗日30日前4,000円
29日前~出発時刻前5,000円
搭乗予定便出発時刻以降払戻不可
払戻手数料取消日にかかわらず、1人1区間500円(大人・小児同額)

仮に搭乗日30日前までに航空券を取り消した場合、下記手数料を支払わなければなりません。

4,000円(取消手数料)+500円(払戻手数料)=4,500円

1区間4,500円なので、往復だと9,000円も手数料で引かれます。

たす得:航空券の予約変更をするかもしれないひと向け

たす得は、搭乗日の前日まで予約でき、航空券の予約変更ができる割引運賃です。

いま得よりも1,000円~3,000円ほど運賃は高く設定されていますが、航空券の予約変更ができるというメリットがあります。

ただ、予約変更する際は下記3つに注意しましょう。

  • 同種運賃同一区間に限り予約変更が可能
  • たす得の座席数には限りがある
  • 変更希望便との間に差額が生じる場合は返金または収受あり

たす得でも、航空券の取り消しには「取消手数料+払戻手数料」がかかります。

※スマホの方は横スクロールできます。

取消手数料(1人1区間)航空券購入後~搭乗予定便出発時刻まで2,500円
搭乗予定便出発時刻以降払戻不可
払戻手数料取消日にかかわらず、1人1区間500円(大人・小児同額)

仮に搭乗予定便出発時刻までに航空券を取り消した場合、

2,500円(取消手数料)+500円(払戻手数料)=3,000円

の手数料が取られてしまうので気をつけましょう(往復購入なら倍の手数料)。

スカイマークのいま得・たす得は本当にお得なの?【他社運賃と比較】

いま得・たす得と他社運賃を比較

この章では、ANA(大手)・スカイマーク(中堅)・Jetstar(格安)3社の運賃を比較し、いま得・たす得が本当にお得な運賃なのか検証していきます。

路線:東京(羽田・成田)⇔福岡
比較対象日:1ヵ月以内の予約、3ヵ月先の予約
※2021年3月1日現在をもとに比較

1ヵ月以内の最安値3ヵ月先の最安値
ANA特割21:15,100円特割75:9,700円
スカイマークいま得:9,700円、たす得:11,800円いま得:7,800円、たす得:10,800円
ジェットスター普通運賃:6,870円普通運賃:5,460円

2つの期間で比較した結果、1位ジェットスター、2位スカイマーク、3位ANAとなりました。

LCCは受託手荷物や座席指定が有料オプションとなっており、基本的に成田発着なので交通費のことも考慮すると、LCCを利用したほうが必ずお得とは言えません。

「荷物が多いので手荷物を預けたい」「座席指定をして隣同士で座りたい」「利便性の高い羽田空港を利用したい」のであれば、スカイマークを利用したほうが安く済む場合が多いです。

スカイマークの航空券をお得に購入するコツ3つ

スカイマークの航空券をお得に購入するコツ

スカイマークの航空券をお得に購入するコツは下記3つです。

  • 搭乗45日前の予約ならダッシュいま得がお得
  • 繁忙期限定の深夜早朝便を利用する
  • さくらトラベルなら最安値航空券が瞬時にみつかる

それぞれ順番にみていきましょう。

その①:搭乗45日前の予約ならダッシュいま得がお得

ダッシュいま得・いま得・たす得の運賃差

スカイマークには、搭乗45日前まで予約可能な「ダッシュいま得」という割引運賃も存在し、いま得よりも安く航空券を購入できます。

空席予測数に応じて運賃が変動する、いま得・たす得とは異なり、早めの購入でお得な割引を受けられる早割運賃です。

とにかく航空券を安く手に入れたい方におすすめですが、航空券の予約変更&払い戻しが一切できないため、十分検討してから購入するようにしてください。

その②:繁忙期限定の深夜早朝便を利用する

ゴールデンウィークや年末年始など、長期休暇限定で深夜早朝便も運航しています。

深夜早朝便とは、深夜・早朝の時間帯を使って運航される特別フライトのことで、「羽田⇔新千歳」「名古屋(中部)⇔那覇」「羽田⇔那覇」の3路線で毎年運航されています。

どのくらい航空券を安く購入できるのかというと、だいたい通常フライトの最安値運賃より2,000〜3,000円ほど安いです。

ダッシュいま得・いま得・たす得運賃でも販売されるため、繁忙期になるべく航空券代を抑えたい方は、深夜早朝便の利用を検討してみましょう。

興味のある方は、「【搭乗記】スカイマークの深夜便はお得?実際に搭乗した筆者が徹底解説」の記事をご覧ください。

スカイマークの深夜便搭乗レポート!羽田→那覇をお得に旅行!

その③:さくらトラベルなら最安値航空券が瞬時にみつかる

スカイマークより安い航空券を探したい時におすすめなのが、最安値航空券を簡単に探せる『さくらトラベル』というサイトです。

国内線運航の全13社から、利用する路線の最安値航空券を最短1分で検索してくれます。

1社1社自分で運賃を調べるのはとても効率が悪いので、こういったサービスを利用し、旅行や出張の準備に多くの時間を割くようにしましょう。

さくらトラベルの口コミや利用方法などは、「さくらトラベルの評判・口コミと利用する上での注意点3つ」の記事で紹介しています。

さくらトラベルの評判・口コミと利用する上での注意点3つ

まとめ:いま得・たす得はお得な運賃だけど注意も必要!

予約変更しそうならたす得がおすすめ

今回は、スカイマークのいま得・たす得についてご紹介してきました。

最後に、本記事の内容をまとめて終わりたいと思います。

ダッシュいま得搭乗45日前まで予約できる1番オトクな運賃。航空券の予約変更・払い戻しはできない
いま得搭乗3日前まで予約できる2番目にオトクな運賃。航空券の予約変更はできない
たす得搭乗前日まで予約できる運賃。いま得より2,000〜3,000円高いが、航空券の予約変更ができる

上記3つの運賃を利用する際に気をつけたいのは、少しでも予約変更しそうなら「たす得」で購入するということです。

お得だからと何も考えずに購入すると後で必ず後悔するため、十分検討してから購入するようにしましょう。

スカイマークの評判やサービスに関しての疑問は、「スカイマークの評判・口コミは?メリット・デメリットも併せて徹底検証」の記事で解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

スカイマークの評判・口コミは?メリット・デメリットも併せて徹底検証