【9月最新】ジャルパックの割引クーポン&キャンペーンまとめ!

ジャルパックで旅行を計画している方の中には、「ジャルパックにクーポンはあるのかな」「現在開催しているお得なキャンペーンを知りたい」と疑問を持っていませんか?

ジャルパックは定期的にクーポン配布やキャンペーンを行っており、それらを活用することで普段よりお得にツアーを予約することができます。

本記事では、「JALパック」と「JALダイナミックパッケージ」のクーポン&キャンペーンを紹介していくので、JALツアーをお得に予約したい方はぜひ最後までご覧ください。

「JALパック」と「JALダイナミックパッケージ」の違いはなに?

JALパックとJALダイナミックパッケージの違いはなに?

まずは、「JALパック(パッケージツアー)」と「JALダイナミックパッケージ」の違いを簡単に把握しておきましょう。

  • JALパック:フライトやホテルは指定されたものから選ぶ
  • JALダイナミックパッケージ:フライト・ホテル・オプションを自由に組み合わせられる

どちらも航空券と宿泊をまとめて予約できるという点は同じですが、自由度の高い旅を実現できるかが大きく異なります。

JALパックの場合、あらかじめ旅行期間やフライトスケジュール、宿泊先が決まっているため、あまり自由度がありません。

一方JALダイナミックパッケージの場合、フライト・ホテル・オプションを自由に組み合わせてオリジナルの旅を作れるため、近年はダイナミックパッケージが幅広い層から人気です。

ダイナミックパッケージについては、下記動画をご覧いただければより理解が深まると思います(約2分の動画です)。

国内旅行で使えるクーポン&キャンペーン

JALパックの国内旅行で使えるクーポン&キャンペーン

国内旅行で使えるクーポン&キャンペーンを紹介します。

これから国内旅行を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

JALダイナミックパッケージのタイムセール&限定割引クーポン【2021年9月16日まで】

9/3〜9/16までの期間限定でJALダイナミックパッケージのタイムセールが行われており、レンタカーが1日500円〜の「いち押しレンタカー」や、観光・食事・移動手段が100円〜の「びっくりオプション」も開催中です。

とくにびっくりオプションは、東京タワーのメインデッキに100円で入場できたり、沖縄美ら海水族館に500円で入館できたりとかなりお得なキャンペーンです。

また、JALダイナミックパッケージに使える期間限定割引クーポンも配布されています。

  • 2,500円割引【先着2,000枚】
  • 5,000円割引【先着2,000枚】
  • 12,000円割引【先着1,000枚】
  • 30,000円割引【先着600枚】

それぞれ旅行代金の条件はありますが、最低25,000円以上から使える割引クーポンなのでぜひ活用してみてください。

なお、JAL海外ダイナミックパッケージでは「ハワイタイムセール(9/3〜9/16)」を開催しており、東京(羽田・成田)ーホノルル利用で、1人につき10,000円割引となるため大変お得です。

※クーポンの表示価格は1グループの割引額となります。

オフ旅!コロナ禍だからこその安全・安心なおトク旅

JALダイナミックパッケージでは、コロナ禍だからこそ混雑を避けて安心して旅を楽しめる分散型旅行「オフ旅」を提案しています。

「オフタイム」「オフシーズン」「オフスポット」3つのオフにずらすことで、人混みや3密を回避しながら旅ができます。

  • オフタイム:混雑するフライト時間からずらす
  • オフシーズン:曜日・季節をずらして日程を組む
  • オフスポット:人気スポットではない穴場の旅行先を観光

混雑するフライト時間や土日・ハイシーズンを避けることで、旅行代金も安くなるためおトクです。

オフタイムとオフシーズンで、どれだけ旅行代金が安くなるかの一例を下記にまとめました(2021年6月10日13:00現在 大人一人あたりの旅行代金)。

オフタイム

出発日:2021年9月23日(2泊3日)

出発地:東京(羽田)、到着地:沖縄(那覇)

フライト:往路8:55・復路10:15→往路15:55・復路10:15

宿泊先:ホテルJALシティ那覇(4名1室/【JALプラン】スタンダードルーム/全室禁煙/食事なし)

旅行代金:50,200円33,800円(16,400円おトク!!)

オフシーズン

出発日:2021年8月13日→12月17日(2泊3日)

出発地:東京(羽田)、到着地:沖縄(宮古島)

フライト:往路6:55・復路19:35→往路6:40・復路19:50

宿泊先:宮古島東急ホテル&リゾーツ(4名1室/【JALプラン】オーシャンウイング/スタンダード/禁煙/朝食付き)

旅行代金:222,600円66,000円(156,600円おトク!!)

沖縄は4月〜5月と7月〜8月がオンシーズンなので旅行代金も高額になりますが、オフシーズンである11月だと旅行代金をかなり抑えることが可能です。

11月だと海水浴は少し厳しいかもしれませんが、ウェットスーツを着用すればダイビングも楽しめますし、美ら海水族館や古宇利島、国際通りなどの人気スポットも問題なく楽しめるはずです。

コロナ禍だからこそ、新しい旅のスタイルを検討してみてはいかがでしょうか。

JALサ旅ダイナミックパッケージ!日本全国のサウナ施設を楽しめる【2022年3月31日まで】

JALサ旅ダイナミックパッケージとは、「フライト+サウナ付きホテル+サ旅御朱印帳」がセットになったパッケージツアーです。

特設サイトでは、総勢370名が所属するJAL Sauna Clubの部員たちの一言コメントと共に日本全国のサウナ施設が掲載されており、日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」とも連携しているため、サウナ施設の詳細や口コミも確認できる点が魅力です。

ツアー購入者限定で、訪れたサウナ施設のスタンプを集めて記録できる「サ旅御朱印帳」も付いてくるのが嬉しいですね。

宿泊場所のサウナ以外も楽しみたい方は、オプションの日帰りサウナ入浴券「サ旅手形(1回券〜3回券)」もオススメで、通常700円〜3,700円で販売されているサウナ入浴券が1回500円とおトクな価格で販売しています。

オプションの日帰りサウナ入浴券を活用しながら、ぜひ日本全国のサウナ施設を制覇してみてください。

ジャルパックで行く東京ディズニーリゾート【2021年10月31日まで】

JALパック・JALダイナミックパッケージでは、お得に東京ディズニーリゾートを楽しめるプランを販売しています。

東京ディズニーランド&東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーJALだけの特典が付いているのが魅力です。

  • 羽田空港↔東京ディズニーリゾート間を運行するJALハピネスライナーの無料送迎
  • 先着順!ファンタジーランド・フォレストシアター鑑賞券
  • 先着順!ビックバンドビート鑑賞券
  • オリジナルデザインのコインケース付きパスケース
  • オリジナルデザインのレジャーシート(JALパックのみ)
  • ポップコーンバケット(JALパックのみ)
  • 3歳〜11歳が対象!チュロスプレゼント(JALパックのみ)

この他にも、ホテルによって「追加代金なしでルームグレードアップ」や「朝食優先席を予約できる」など、さまざまな特典が用意されています。

お子様向けのサービスや特典も充実しているため、家族連れの方はぜひ検討してみてください。

JALダイナミックパッケージで行く!ハウステンボスへの旅【2022年3月31日まで】

JALダイナミックパッケージ限定で、「ハウステンボス1Dayパスポート」と「ハウステンボスミールカード1,000円分(園内レストランで利用可能)」がセットになったプランが販売中です。

ハウステンボスへの旅行を計画中の方は、航空券+宿泊+特典がセットになったJALダイナミックパッケージでの予約を検討してみてください。

※12月31日のみ通常1Dayパスポートでは入園できず、特別チケットが必要となります。

お得な特典盛りだくさん!温泉特集【2022年3月31日まで】

2022年3月31日まで、「お得な特典盛りだくさん!温泉特集」を開催中です。

こちらの温泉プランをJALダイナミックパッケージで予約すると、館内利用券3,000円分(1室1泊につき)、夕食グレードアップ、夕食時にワンドリンクなど、各ホテルごとに嬉しいポイントが付いてきます

詳しくは、各宿泊施設検索後のプランにて確認してください(プラン名に【◯◯温泉特集】と記載されているものが対象)。

【一時停止中】ジャルパックのGoToトラベルキャンペーン(地域共通クーポン付き)

JALパックのGoToトラベルキャンペーン

JALパック・JALダイナミックパッケージでは、GoToトラベルキャンペーンを実施中です。

対象となるのは下記5つで、旅行代金総額の最大15%分相当の地域共通クーポンも付いてきます(1人1泊6,000円が上限。日帰りプランは3,000円が上限)。

  • JALダイナミックパッケージ基本プラン:往復航空券+宿泊
  • JALダイナミックパッケージ日帰りプラン:往復航空券+ジャルパックご当地クーポン
  • JALダイナミックパッケージ片道プラン:片道航空券+宿泊
  • JALパック:往復航空券+宿泊
  • JALイージーホテル

とくにJALダイナミックパッケージは、基本プラン以外にも「日帰りプラン」「片道プラン」とプランが充実しているのでおすすめ。

現在GoToトラベル事業は一時停止中ですが、再開後はJALを利用しておトクな旅行を楽しみましょう。

地域共通クーポンの受取手順(電子クーポン)
  1. 旅行当日の15時以降にスマホでクーポン受取サイトへアクセス
  2. 旅行業者ID「1003(ジャルパック)」を入力
  3. 予約番号を入力
  4. 初泊都道府県を選択
  5. SMS認証をしてクーポン受け取り

海外旅行で使えるクーポン&キャンペーン

JALパックの海外旅行で使えるクーポン&キャンペーン

海外旅行で使えるクーポン&キャンペーンを紹介します。

これから海外旅行を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

JALコロナカバー!新型コロナ感染時の医療費・検査費・隔離費用を補償

JAL国際線を利用の方に、渡航中新型コロナウイルスにかかってしまった際の医療費・検査費・隔離費用が補償されるサービスを期間限定で無償提供しています。

また、現地で新型コロナウイルスに感染したかも?といった場合に、24時間相談できる窓口も設置。

ワクチン接種が進んでいる国では、夏頃から入国制限の緩和などでだんだんと海外旅行も解禁されていきますが、こういったサポート体制のおかげでコロナ禍でも安心して海外へ渡航できそうです。

補償対象商品や補償適用条件など詳しくは、「JALコロナカバーについて」をご覧ください。

対象搭乗期間:2021年9月30日出発分まで

補償期間:JAL国際線搭乗から31日間

【JMB会員限定】ボーナスマイル付きハワイツアー

JALマイレージバンク会員限定で、3つの特典が付いたハワイツアーを販売しています。

  • ツアー参加で合計6,000マイルが貯まる
  • 子ども代金が大人代金から30,000円引き
  • レンタカー利用が追加代金なし

往復6,000マイルで日本のどこかに行ける「どこかにマイル」なら、通常の半分以下の6,000マイルで往復航空券と交換できますし、貯まったマイルを「e JALポイント」に交換すると航空券やツアー代金の支払いでも利用可能。

このツアーでハワイ旅行に行けば、貯まったマイルで国内旅行にも行けてしまうお得なツアーとなっています。

ジャルパックをおトクに予約する3つの方法

ジャルパックをお得に予約する方法

ジャルパックをおトクに予約する方法は下記3つです。

  1. JALダイナミックパッケージの方がおトクな場合が多い
  2. JALマイレージバンク会員に入会する
  3. JALカードを作る

それぞれ順番にみていきましょう。

方法①:JALダイナミックパッケージの方がおトクな場合が多い

「JALパック」と「JALダイナミックパッケージ」の旅行代金を比べてみると、JALダイナミックパッケージのほうが安い傾向にあります。

実際に下記条件で比較してみましょう。

【比較条件】

期間:2021年7月12日〜7月14日(2泊3日)

出発地:東京(羽田)、到着地:沖縄(那覇)

フライトスケジュール:東京発15:55→沖縄着18:30、沖縄発18:35→東京着21:05

人数:大人2名

宿泊先:1日目ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城(洋室/ツインルーム/朝食付き)、2日目ザ・ブセナテラス(洋室/ナチュラルガーデンビュー/朝食付き)

JALパックとJALダイナミックパッケージの旅行代金を比較1

まずJALパックの旅行代金から確認してみると、大人1名61,100円で合計122,200円という結果になりました。

JALパックとJALダイナミックパッケージの旅行代金を比較2

続いて、JALダイナミックパッケージの旅行代金を確認すると、大人1名57,500円で合計115,000円でした。

このことから、JALパックよりもJALダイナミックパッケージの方が7,200円安いことになります。

他条件でも何度か試しましたが、やはりJALダイナミックパッケージの方が旅行代金が安かったです。

ただし、JALダイナミックパッケージは申し込みするタイミングによって価格が変動する「時価販売型商品」なので、必ずしもJALダイナミックパッケージの方が安いわけではない点に注意が必要です。

方法②:JALマイレージバンク会員に入会する

JALマイレージバンク(JMB)とは、ためたマイルを航空券や電子マネーなどの特典と交換できるJALのマイレージプログラムのことです。

入会金・年会費無料で作ることができ、下記方法でマイルをためられます。

  • JALグループ国内線・国際線のフライト
  • JMB提携航空会社のフライト
  • 提携ホテルの利用(世界各地15,000軒以上)
  • ネットショッピング(AmazonやUNIQLOなど約350店舗以上と提携)
  • 提携店舗でJMBカードの提示
  • 電子マネーWAONでの支払い

フライトや宿泊以外にも、さまざまな方法でマイルをためることができるため、JALを利用するのであればJMB会員になっておきましょう。

JALをあまり利用しない方でも、東京↔沖縄間を往復するだけで1,968マイルたまるので、入会しないのは非常にもったいないです。

ためたマイルは、「特典航空券(国内線6,000マイル〜、国際線7,500マイル〜)」「航空券やツアー購入時に使えるe JALポイント・JALクーポン」「電子マネー(WAON)」などに交換できます。

方法③:JALカードを作る

JALを定期的に利用する方は、JMBカードにクレジット機能が付いた『JALカード』を作るのがおすすめです。

JALカードの抑えておきたいポイントは下記5つ。

  • フライトマイルに加えてボーナスマイルもたまる
  • ショッピングや公共料金の支払いでショッピングマイルがたまる
  • 国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 提携カード会社の会員専用ラウンジを利用できる(対象外カードあり)
  • 家族プログラムに登録すれば家族のマイルを合算できる

通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルが付いたり、ショッピングや公共料金の支払いでJALカードを利用すればショッピングマイルもたまるため、JMBカードよりマイルをためやすくなっています

ためたマイルはJMBカードと同じく、「特典航空券」「エコノミーからビジネスクラスへアップデート(国際線)」「電子マネーや提携先のポイント」など、さまざま特典と交換可能。

JALを定期的に利用する方は、ぜひJALカードの申し込みを検討してみてください。

まとめ:JALパック・JALダイナミックパッケージを利用しておトクに旅しよう!

JALパック・JALダイナミックパッケージを利用しておトクに旅しよう

今回は、ジャルパックのクーポン&キャンペーンをご紹介しました。

クーポンやキャンペーンを活用することで、普段よりおトクに国内旅行や海外旅行に行けるようになります。

とくに東京ディズニーリゾートのツアーは、オフィシャルスポンサーJALだからこそのポイントが満載で、ディズニー好きなら満足できるツアー内容となっています。

これから旅行に行く方は、ぜひこの機会にJALを利用してみてください。