スカイマークの評判・口コミは?メリット・デメリットも併せて徹底検証

スカイマークの利用を検討しているけれど、「評判は良いのかな」「実際に利用した人の口コミを知りたい」と感じていませんか?

中堅航空会社として独自路線を貫くスカイマークは、大手航空会社と同じようなサービスを提供しながら、運賃は格安航空会社並に安いと評判の高い航空会社です。

今回は、下記のような悩みを解決できる記事を用意しました。

  • スカイマークの評判・口コミは?
  • スカイマークを利用するメリット・デメリットは?
  • スカイマークはどんな人に向いている?

この記事を読めば、スカイマークの評判・口コミが分かり、安心して利用できる航空会社なのか判断できるようになります。

スカイマークはどんな航空会社?

スカイマークはどんな航空会社?

スカイマークは、大手航空会社と格安航空会社の間に位置する中堅航空会社で、ANAとJALに続き国内第3位のシェアを誇っています。

羽田発着や受託手荷物・座席指定無料など、大手航空会社と同じようなサービスを提供しつつも、格安航空会社より少し高い運賃で利用できる点が魅力です。

また、長期休暇限定で運航される深夜早朝便も人気があり、活用すればお得に航空券を購入できます。

スターフライヤー、AIRDO、ソラシドエアも中堅航空会社にあたりますが、ANAの出資を受けてからは、大手との運賃の差が縮まりつつあるため、独自路線を貫いているのは実質スカイマークだけです。

スカイマークの良い評判・口コミ【メリット】

スカイマークの良い評判・口コミ

スカイマークの良い評判・口コミを分析すると、メリットは下記5つでした。

  • 都心からアクセス抜群な羽田発着
  • 割引運賃を利用すれば航空券を安く購入できる
  • 受託手荷物や座席指定が無料
  • 快適なフォワードシートが追加料金で利用可能
  • 定時運航率が3年連続トップなので安心できる

利用者の口コミをもとにみていきましょう。

良い評判①:都心からアクセス抜群な羽田発着

スカイマークは、大手航空会社と同じ羽田発着なので、都心からのアクセスが抜群です。

発着している空港も多く、東京(羽田)⇔沖縄(那覇)線、東京(羽田)⇔札幌(新千歳)線のようなメジャー路線はしっかり運航。

1日の便数も多く、東京⇔沖縄間なら1日約6往復、東京⇔札幌間なら1日約10往復運航しています。

LCCによくある、1日2便ほどしか運航していないこともないため、スケジュールに合わせてフライト時間を選べます。

スカイマークの発着空港

新千歳空港・仙台空港・茨城空港・羽田空港・中部国際空港(名古屋)・神戸空港・福岡空港・長崎空港・鹿児島空港・奄美空港・那覇空港・下地島空港(宮古島)

良い評判②:割引運賃を利用すれば航空券を安く購入できる

ダッシュいま得」「いま得」「たす得」3つの割引運賃が人気で、おそらく7〜8割の人はこれらを利用しています。

3つの割引運賃の違いは、「割引率」「航空券の購入期限」「航空券の予約変更の可否」です。

割引率の大きい順に並べたのが下記となります。

  • ダッシュいま得:搭乗45日前まで予約可能。予約変更&払い戻し不可
  • いま得:搭乗日3日前まで予約可能。予約変更ができない。
  • たす得:搭乗日前日まで予約可能。予約変更ができる。

とにかく航空券を安く購入したいのであれば、割引率の一番大きいダッシュいま得がおすすめです。

ただ、航空券の予約変更&払い戻しは一切できないため、予約変更する可能性のある方は、たす得で購入するようにしましょう。

いま得・たす得については、「スカイマークのいま得・たす得とは?年10回以上利用する筆者が徹底解説」の記事をご覧ください。

スカイマークのいま得・たす得とは?年10回以上利用する筆者が徹底解説

良い評判③:受託手荷物や座席指定が無料

受託手荷物や座席指定が有料オプションのLCCと違い、スカイマークでは受託手荷物・座席指定が無料となっています。

受託手荷物は1人20㎏まで無料で預けることができ、スキー板などの長尺物は280cmまで預けられます。

ただ、無料範囲内をオーバーすると、重量超過10㎏ごとに1,000円の超過手荷物料金が取られるため注意しましょう。

受託手荷物に関しての詳しい情報は、スカイマーク公式サイトをご覧ください。

良い評判④:快適なフォワードシートが追加料金で利用可能

通常座席より19cm~38cm足元の広い「フォワードシート」という座席があり、全ての運賃に+1,000円で利用できます。

足元の広さに加えて、下記サービスも付いてくるので、個人的にはかなりおすすめです。

  • 搭乗口での優先搭乗
  • ソフトドリンク1杯無料サービス(スナック菓子でもOK)
  • 受託手荷物の優先返却

座席数はかなり少ないですが、搭乗当日にスカイマークカウンターで先着順で受け付けているため、早めに空港へ行けば予約できるチャンスは誰にでもあります。

良い評判⑤:定時運航率が3年連続トップなので安心できる

定時運航率は3年連続(2017年・2018年・2019年)12社中トップに輝いており、欠航率も2年連続12社中もっとも低い数値を出して1位に輝いています。

さらに、2019年は世界の航空会社定時運航率ランキングで第3位に入っているから驚きです。

飛行機は遅れるのが当たり前だと感じている方も多いと思うので、そういった不満を感じている方は、一度スカイマークを利用してみてはいかがでしょうか?

特定本邦航空運送事業者12社

日本航空・全日本空輸・日本トランスオーシャン航空・スカイマーク・エアドゥ・ソラシドエア・スターフライヤー・Peach Aviation・ジェットスタージャパン・春秋航空日本・エアアジアジャパン

スカイマークの悪い評判・口コミ【デメリット】

スカイマークの悪い評判・口コミ

スカイマークの悪い評判・口コミを分析すると、デメリットは下記3つでした。

  • 航空券のキャンセル料が高い
  • マイル・ラウンジなどの会員サービスを提供していない
  • 機内WiFiサービスを提供していない

実際の口コミをもとに、それぞれ順番にみていきましょう。

悪い評判①:航空券のキャンセル料が高い

スカイマークの悪い口コミで一番多かったのが、航空券のキャンセル料が高いという声でした。

「ダッシュいま得」「いま得」「たす得」運賃で購入する際は、予約変更と払い戻しの可否に注意しましょう。

  • ダッシュいま得:予約変更&払い戻し不可
  • いま得:予約変更ができない。払い戻しは可能
  • たす得:予約変更ができ、払い戻しも可能

特にダッシュいま得・いま得は、割引率が高いぶん、キャンセル料も高額なので、十分検討してから購入するようにしてください。

詳しくは、「スカイマークのいま得・たす得とは?年10回以上利用する筆者が徹底解説」の記事で解説しています。

悪い評判②:マイル・ラウンジなどの会員サービスを提供していない

スカイマークでは、マイル・ラウンジ・メールマガジンなどの会員サービスを提供していません。

ANAやJALに比べて会員サービスは劣ってしまいますが、そういったコストを削減していくことで、航空券を安く提供できています。

会員サービスに関しての不満はないのですが、「オンラインチェックインへの対応」は将来的にしてほしいです。

現時点だと、自動チェックイン機かカウンターで搭乗手続きしなければならないため、直接保安検査場へ向かえると便利ですね。

悪い評判③:機内WiFiサービスを提供していない

過去に機内での無料WiFiサービスを提供していたことがありますが、いつの間にかひっそりと終了していました。

コストなどを考えると、この先もWiFiサービスの提供はないと思われます。

どうしても機内でネットを利用したい方は、機内WiFiサービスを提供しているANAやJALを利用しましょう。

スカイマークの利用が向いている人

スカイマークの利用が向いている人

ここまで紹介した評判・口コミをまとめると、スカイマークの利用が向いている人は下記です。

  • 運賃を安く抑えつつ羽田発着の航空会社を利用したい人
  • 受託手荷物が多くLCCだと高額になってしまう人
  • 座席指定を無料でしたい人
  • きちんと時間通りに運航する航空会社を選びたい人

スカイマークは、羽田発着や受託手荷物・座席指定が無料など、リーズナブルな運賃ながら大手航空会社と同じようなサービスを提供しています。

そのため、「大手航空会社だと運賃が高くて利用できない」「格安航空会社は有料オプションばかりで不満」という方は、スカイマークの利用がおすすめです。

機内WiFiサービスや会員サービス(マイル&ラウンジ)などは提供していませんが、そこまで充実したサービスを求めていなければ、利用して不満を抱くことも少ないと思います。

「航空券+宿泊」をセットで予約したい方は、セット予約で宿泊代金が最大全額OFFとなる『エクスペディア』を利用しましょう。

※じゃらん・楽天トラベルは、ANAとJAL航空券しか取り扱っていません。

【Q&A】スカイマークに関するよくある質問

スカイマークに関するよくある質問

スカイマークに関するよくある質問をまとめました。

  1. 無料ドリンクサービスはありますか?
  2. 座席にコンセントは付いていますか?
  3. オークションで購入した航空券は使えますか?

それぞれ順番に紹介していきます。

その①:無料ドリンクサービスはありますか?

通常無料ドリンクサービスはありませんが、ネスレとのパートナー契約により、搭乗者全員に「キットカット」と「ネスカフェ(路線限定)」を提供しています。

コーヒーが苦手な方は、事前に売店で購入しておくか、機内販売を利用すると良いでしょう。

ペットボトルも開封・未開封問わず、保安検査に通れば持ち込み可能です(もちろん機内で飲むことも可能)。

ネスカフェ対象路線

羽田⇔札幌線、羽田⇔福岡線、羽田⇔鹿児島線、羽田⇔那覇線、羽田⇔宮古線、茨城⇔福岡線、茨城⇔那覇線、名古屋⇔札幌線、名古屋⇔那覇線、神戸⇔札幌線、神戸⇔仙台線、神戸⇔那覇線、神戸⇔宮古線、福岡⇔札幌線、福岡⇔那覇線

その②:座席にコンセントは付いていますか?

電子機器を充電できるコンセントが付いています。

ただし、一部機材には付いていないので、スマホを充電するならモバイルバッテリーを持っておくと安心です。

モバイルバッテリーを持っていない方は、楽天・Amazonなどで売れ筋ランキング上位の『Anker PowerCore Fusion 5000』がおすすめ。

コンセントとモバイルバッテリーが一体となっているため、コンセントに差し込みながらスマホなどを充電でき、本体にはUSB-Aが2つ搭載されているので2台同時充電も可能。

バッテリー容量は5000mAh(スマホ1〜2台分)なので、そこまで頻繁に使う方でなければ、持っておいて損はない1台です。

その③:オークションで購入した航空券は使えますか?

結論から言ってしまうと、航空券に記載されている搭乗者名以外の人は使えません。

これはスカイマークに限らず、どの航空会社にも言えることで、第三者への航空券の譲渡・転売は禁止されています。

他人になりすまして飛行機に搭乗するのは常識から考えてアウトですし、航空会社側から違約金を請求される場合もあります。

「オークションで航空券を安く購入したい」という気持ちは分かりますが、絶対にやめましょう。

まとめ:スカイマークは利用者からの評判も良く航空券を安く購入したい方に最適!

スカイマークは利用者からの評判も良く航空券を安く購入したい方に最適

今回は、スカイマークの評判・口コミをご紹介してきました。

最後にもう一度、スカイマークのメリット・デメリットをまとめます。

【メリット】

  • 都心からアクセス抜群な羽田発着
  • 割引運賃を利用すれば航空券を安く購入できる
  • 受託手荷物や座席指定が無料

【デメリット】

  • 航空券のキャンセル料が高い
  • マイル・ラウンジなどの会員サービスを提供していない
  • 機内WiFiサービスを提供していない

スカイマークは、大手航空会社と同じようなサービスが受けられながら、リーズナブルな運賃が人気の航空会社です。

一方、マイル&ラウンジなどの会員サービスや機内WiFiサービスは提供していないため、そういったサービスを受けたいのであれば、大手航空会社の利用をおすすめします。

無駄なキャンセル料を発生させないためにも、予約変更する可能性があるのなら「たす得」で購入するようにしましょう。

深夜早朝便に興味のある方は、「【搭乗記】スカイマークの深夜便はお得?実際に搭乗した筆者が徹底解説」の記事もあわせてご覧ください。